• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【写真で見るドコモ2008年冬モデル】SMART series&PRO series編

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2008/11/05 23:09
1/1ページ

 NTTドコモが発表した携帯電話機の2008年冬モデル( Tech-On!の第1報 )。最後は,「docomo SMART series」と「docomo PRO series」の仕様を,写真と共にお送りする( 「STYLE series」の記事 「PRIME series」の記事 )。

「F-04A」(富士通製)

 SMART series向けに富士通が提供するのは「F-04 A」。厚さが最薄12.8mmで防水機能を備える。防水性はIPX5/IPX7相当。メイン・ディスプレイに,画面サイズが3型で画素数は854×480の液晶パネルを搭載する。CMOSカメラの有効画素数は約200万。ファッション・ブランドの「UNITED ARROWS」とのコラボレーション端末も用意した(図1)。


図1 「F-04A」(富士通製)。写真は「UNITED ARROWS」とのコラボレーション・モデル (画像のクリックで拡大)

「N-04A」(NEC製)

 N-04A(NEC製)は,家電ブランド「amadana」とのコラボレーション端末(図2)。メイン・ディスプレイに搭載する液晶パネルは,画面サイズが3型で画素数は854×480(ワイドVGA相当)。CMOSカメラは有効画素数が約320万。


図2 家電ブランド「amadana」とのコラボレーション端末である「N-04A」(NEC製) (画像のクリックで拡大)

「P-04A」「P-05A」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-04A」と「P-05A」は,折りたたみ式携帯電話機で厚さ9.8mmを実現した端末(図3)。P-04Aは有効画素数が320万のCMOSカメラを搭載するが,P-05Aはカメラを搭載しない。メイン・ディスプレイに搭載する液晶パネルは共に,画面サイズが3型で画素数は427×240。


図3 折りたたみ式携帯電話機で厚さ9.8mmを実現した「P-04A」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製) (画像のクリックで拡大)

HT-01A」「HT-02A」(HTC社製)

 台湾HTC Corp.は,PRO series向けにのみ「HT-01A」と「HT-02A」を提供する。H-01Aはタッチ・パネルとQWERTYキーボードを搭載し,HT-02Aはタッチ・パネルのみを搭載する(図4,図5)。共にOSは米Microsoft Corp.製の「Windows Mobile 6.1」を採用する。メイン・ディスプレイに,画面サイズが2.8型で画素数は640×480(VGA)の液晶パネルを搭載する。CMOSカメラの有効画素数は320万画素。


図4 タッチ・パネルとQWERTYキーボードを搭載する「HT-01A」(HTC社製) (画像のクリックで拡大)


図5 タッチ・パネル操作の「HT-02A」(HTC社製) (画像のクリックで拡大)

「SH-04A」(シャープ製)

 シャープ製の「SH-04A」は3.5型の液晶パネルを搭載する端末(図6)。タッチ・パネルとQWERTYキーボードを搭載する。搭載するCMOSカメラの有効画素数は520万画素。加速度センサを搭載しており,端末の傾きに応じて表示画面が回転する。


図6 3.5型の液晶パネルを搭載する「SH-04A」(シャープ製) (画像のクリックで拡大)

「Nokia E71」(フィンランドNokia Corp.製)

 フィンランドNokia Corp.が手掛けるスマートフォンが「Nokia E71」である(図7)。厚さが10mmと薄いのが特徴である。メイン・ディスプレイに,画面サイズが2.4型で画素数は320×240(QVGA)の液晶パネルを搭載する。CMOSカメラの有効画素数は320万画素。


図7 厚さが10mと薄いNokia社製の「Nokia E71」 (画像のクリックで拡大)

 なお,カナダResearch In Motion Ltd.が手掛ける「BlackBerry Bold」は2008年9月29日に発表済である( 関連記事 )。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング