• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 「コメント数は通常よりかなり多い」――私的録音録画補償金制度に関するパブコメで文化庁

「コメント数は通常よりかなり多い」――私的録音録画補償金制度に関するパブコメで文化庁

  • 山田 剛良=日経エレクトロニクス
  • 2007/11/16 17:33
  • 1/1ページ

 文化庁は2007年11月15日,10月16日から実施していた「文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会中間整理」と「同分科会法制問題小委員会中間まとめ」に関する意見募集(パブリックコメント)を予定通り締め切った。私的録音録画小委員会は私的録音・録画補償金制度の抜本的な見直し,法制問題小委員会は著作権法の親告罪の範囲の見直しなどを議論してきた。文化庁の担当者によると,私的録音録画小委員会中間整理に対しては「通常よりかなり多い」コメントが集まったという。法制問題小委員会中間まとめに関しては「通常よりやや多い」程度だったとする。

 寄せられた意見募集はこれから整理し,次回の小委員会で公開される予定である。次回の私的録音録画小委員会は11月28日に開催される予定。法制問題小委員会の次回予定はまだ決まっていない。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓