技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

私的録音録画補償金制度とは

シテキロクオンロクガホショウキンセイド

2005/04/21 19:36
印刷用ページ

 デジタル録音・録画装置や記録媒体に「みなし著作権料」に相当する金額(賦課金)を上乗せしておき,のちにこれを著作権団体に再分配する制度。著作権法では,個人的に楽しむためであっても,政令で定められたデジタル方式の機器・媒体を用いた録音,録画については著作権者への補償金の支払いを義務づけている(著作権法30条2)。さらに,著作権法第104条で,その運用に関する制度上の枠組みが規定されている。デジタル録画については,1999年7月の工場出荷分から適用が始まった。デジタル録音の賦課金制度は,ミニディスク(MD)などを対象に1993年6月1日に運用が始まっている。

 文化庁では,著作権法の見直しを進めており,その中の大きな議題として私的録音録画補償金制度が挙がっている(図)。私的録音補償金制度の利害関係者には,日本レコード協会(RIAJ)と日本音楽著作権協会(JASRAC)などの権利者団体と,電子情報技術産業協会(JEITA)や日本記録メディア工業会などのメーカー側団体がある。メーカー側は,著作権保護技術の進展に合わせて私的録音補償金の撤廃,規模縮小を求める。「問題は補償金を賦課すること自体ではなく,その手法にある。インターネットなどを介した著作権保護技術で守られたコンテンツ配信が増えていることを踏まえ,将来的にはユーザーに平等かつ合理的と納得してもらえる手法が必要と考える」と主張する。一方の権利者側は,「iPod」に代表されるハード・ディスク装置(HDD)内蔵型オーディオ機器を補償金の対象に含めることを求めている。

 権利者側とメーカー側の間で調整の難航が予想される項目としては,例えば算定方法や対象機器の変更が挙げられる。権利者側はパソコンやデータ用CD-R/-RWなどの汎用機器,汎用メディアにも新たに補償金を賦課することなどを求める

私的録音補償金の制度改革に向けた関係団体の要望
図 私的録音補償金の制度改革に向けた関係団体の要望
2005年1月31日号より抜粋)

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング