• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 著作権侵害防止に向けてYouTube幹部が来日へ,日本の権利団体に回答

著作権侵害防止に向けてYouTube幹部が来日へ,日本の権利団体に回答

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2006/12/19 16:23
  • 1/1ページ

 映像の著作権に関する23の権利者団体が,動画投稿サイト「YouTube」を運営する米YouTube, Inc.に著作権侵害の防止策を講じるよう要請した件で(Tech-On!関連記事),米国時間の2006年12月15日,YouTube社が回答を示した。YouTube社CEOのChad Hurley氏とCTOのSteve Chen氏の連名で,23団体の幹事役になっている日本音楽著作権協会(JASRAC)に,ファクシミリと国際宅配便が届けられた。

 JASRACなどが提案した侵害防止の暫定措置に対する回答は,「著作権の尊重に関する注意事項を日本語でYouTubeに掲載する用意がある」「利用者認証については現在でも特定の情報を求めているが,改善に努力する」「YouTube社はこれまでも著作権侵害を含む利用規約違反を繰り返すユーザーのアカウントを削除してきた」というもの。その上で,「YouTube社の幹部を訪日させ,日本における事業展開について話し合いをしたいが,YouTube社は少人数で運営しているので日程調整の猶予が欲しい」としている。

 JASRACやテレビ局など23団体は,2006年12月22日に会議を開き,この回答の評価と今後の対応について検討する。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓