• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材基礎から分かる安全機器 > 第4回:ロック付き安全スイッチとは(前編)

基礎から分かる安全機器

第4回:ロック付き安全スイッチとは(前編)

  • IDEC セーフティテック エキスパートチーム
  • 2012/10/30 00:00
  • 1/3ページ

 前回は、安全スイッチ(インターロック・スイッチ)について安全リミットスイッチなどとの比較を交えて解説しました。これらのスイッチでは扉にロックを掛けられないので、機械の稼働中に扉を開けることが可能です。従って、扉が開いたことを検出してから機械の危険源が停止するまでの時間に見合った安全距離を確保する必要があります。今回紹介するロック付き安全スイッチは、そもそも機械の稼働中に扉を開けられないようにするためのものです。

ロック付き安全スイッチの用途

図1●代表的なロック付き安全スイッチ

 代表的なロック付き安全スイッチの概略形状を図1に示しました。一般的な安全スイッチと同じく、ロック付き安全スイッチも本体とアクチュエータが分離しており、アクチュエータを扉(可動部)側、本体は固定側に取り付けます。本体の内部にはロックを掛けるための構造があるので、一般的な安全スイッチよりも大きくなっています。

 図2に、安全スイッチを工作機械類の扉に設置した例を示しました。機械の運転中は扉をしっかりロックし、完全に停止した後で扉を開けられるようにします。すなわち、慣性が大きくてすぐに停止できない機械では、ロック付き安全スイッチを用いて動作が完全に停止するまで機械的危険源から人を安全に隔離しておく必要があります。

図2●ロック付き安全スイッチの代表的な使い方

 ロック付き安全スイッチのこうした使い方は、大型マシニングセンタや旋盤の扉、産業用ロボットの周囲に設置する安全柵の扉などでよく見られます。機械の運転中にロックを解除すると重大事故につながりかねない、リスクの高い機械で多く使用されます。機械的危険源の他に熱的危険源の隔離にも用います。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓