設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

【Part2】第3回 決断しない役員

小林三郎=中央大学 客員教授(元・ホンダ経営企画部長)
2013/03/18 00:00
出典:書籍『ホンダ イノベーションの神髄』、2012年7月30日 、p84 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 英語で役員のことを「director」というように、方向(direction)を決めることは役員の最も重要な仕事の1つである(ちなみにもう1つの重要な仕事は、人材育成だ)。データがなくて分析もままならず、どちらの方向に向かえばよいか分からないときに、自分の価値観や哲学で「こっちに行け!」と、決断しなければならない。

 1986年秋に、ホンダの東京・青山本社でエアバッグの量産の可否を決める会議があった。俺はプロジェクト・リーダーとして参加した。十数人の経営会議メンバーのうち1/3は反対。暴発や不発などの重大な不具合を恐れてのことだ。そのリスクを負うのは時期尚早という論理だった。残りの2/3は消極的反対。賛成とは決して言わない。さすがに「これはダメだ。お蔵入りか」と思った。

 ところが、当時社長だった久米是志さんが、会議メンバーをぐるりと見渡しながら「エアバッグの高信頼技術は、お客様の価値である品質の向上につながる。よし、やろう。皆さんよろしいですね。」と言った。この一言でエアバッグの量産が決まった。イノベーションは全く新しいことなので、データを論理的に分析しても答えが出ない部分が必ずある。だから、最後は論理を超えて決断しなければならない。

 しかし、それを避ける役員が多い。「ライバル他社の動向は?」「もう少しデータを集めて、可能性を見極めてくれ」「案は3つくらい必要だ」と、判断を先延ばしする。中には、リスクの高いプロジェクトに対して「大丈夫か」を連発して、心配しているかのように見える役員がいる。しかし、これは失敗した場合に「最初から私は難しいと思っていた」という言い訳をするためであることが多い。逃げ腰の態度は現場にすぐ伝わるのだ。

■この記事の基になった『日経ものづくり』の連載は,書籍『ホンダ イノベーションの神髄』として2012年7月に弊社より刊行いたしました。Tech-On!書店Amazonなどインターネットからも購入いただけます。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング