• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新グローバル時代に必須の組立性・分解性設計 > 第2回:組み立て/分解動作の規則性を知ろう

グローバル時代に必須の組立性・分解性設計

第2回:組み立て/分解動作の規則性を知ろう

  • 山際康之=東京造形大学教授
  • 2012/11/29 00:00
  • 1/5ページ

前回から読む

「動作」には規則性がある

 いよいよ組立性・分解性の基本となるメカニズムを見ていこう。

 生産現場を見渡すと、「ねじを締めて固定する」「接着剤を塗布して部品を接着する」など、組み立てだけでも実にさまざまな種類の作業がある。一見、作業の数だけ組み立ての種類があるようにも思えるが、組立作業を細分化して「動作」として観察してみると、そこに共通した規則性を見いだすことができる。

 人による組立動作の規則性を表したのが図1(a)だ。動作の流れは、[1]つかむ、[2]つかみ直す、[3]移動、[4]方向調整、[5]挿入、[6]結合、[7]姿勢変更、となる。

図1●組み立て/分解動作の規則性
図1●組み立て/分解動作の規則性
組み立て(a)と分解(b)の作業を「動作」の視点で細分化すると、動作の流れに規則性があることが分かる。

 一方、製品の修理現場やリサイクル工場などでの分解作業を見てみると、やはりその動作にも規則性があることに気づく〔図1(b)〕。すなわち、[1]つかむ、[2]結合を外す、[3]抽出、[4]方向調整、[5]移動、[6]つかみ直す、[7]置く、[8]姿勢変更、という流れだ。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓