• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり技術者のための経営入門 > 第2回:お金はどこから生まれるか

技術者のための経営入門

第2回:お金はどこから生まれるか

  • 高橋功吉=ジェムコ日本経営 取締役
  • 2012/11/27 00:00
  • 1/2ページ

前回から読む

図2-1●事業の存続・発展のサイクル
図2-1●事業の存続・発展のサイクル
事業の売り上げで新たなお金を生み出し、それを事業の増強や新事業につぎ込んで新たにお金を生み出す。経営の基本はこのサイクルにある。

 そもそも経営とは何かを考えてみよう。お金という視点で見ると、経営とは事業活動によってお金を生み出し、それを事業発展のために投資して、さらに新たなお金を生み出すというサイクルに他ならない。このサイクルが事業を存続・発展させていくのである(図2-1)。当然だが、企業活動の主眼は「いかにお金を生み出すか」にある。次の投資の見極めも、新たにお金を生み出せるかどうかが肝要だ。

 では、どうすればお金を生み出せるのか。最も単純で分かりやすいのは利益を出すこと。だが、それ以外にもお金を生み出す方法はある。

 例えば、在庫の削減だ。これはお金が「もの」になって寝ている状態である。在庫を減らせば、その分お金が増える。売掛金の回収もそうだ。売掛金は、販売はしたもののまだ回収していない代金のこと。言い換えれば、無償で販売先にお金を貸しているようなものである。取引条件を変更し、早く入金してもらえばその分お金が増える。

 逆に、部品や材料を購入したものの、まだ支払いをしていないのが買掛金。支払いまでの期間を長くすれば、その分、無利子で借金していることになってお金は増える。費用として計上する減価償却費は、実際には外部にお金が出ていかないので、その分増えることになる。

 在庫も売掛金も買掛金も、経営の基本を理解していれば、日頃から意識して管理して然るべきものだ。ところが、「利益さえ出せばよいだろう」と考えて経営に当たるために、後で取り返しがつかないことになる。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓