• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新モジュラーデザインで実現する新しいものづくり > 第1回:今、なぜモジュラーデザインなのか

モジュラーデザインで実現する新しいものづくり

第1回:今、なぜモジュラーデザインなのか

  • 日野 三十四=モノづくり経営研究所イマジン 所長
  • 2010/04/21 00:00
  • 1/3ページ

将来の展望が見えにくい中、新興国の手強い競争相手から追われる立場となった日本企業には、閉塞(へいそく)感が漂う。このような状況を打破するには、いち早く「新しい時代のものづくり」に対応しなければならない。「新しい時代のものづくり」とは何か、そしてそれを実現するモジュラーデザインとは何かについて、モジュラーデザインの第一人者である日野三十四氏に解説してもらう。(日経ものづくり)

 近年、モジュラーデザインの重要性が認識されつつあるが、モジュラーデザインは単に部品種類を削減したり、コストを低減したりするための手法ではない。日本企業は再び「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれるために、新しい時代に適応したものづくりを確立しなければならない。モジュラーデザインは、そのために不可欠な考え方であり、手法である。

 新しい時代のものづくりは、次の5つの条件を満たさなければならない。

図1●マス・カスタマイゼーションの概念
実践 モジュラーデザイン』を基に作成。

(1)「マス・カスタマイゼーション」を実現する
 マス・カスタマイゼーションとは、「製品を構成する部品はできるだけ少数化・モジュラー化して部品レベルでマスプロダクションによる低コストを実現すると共に、少数化したモジュラー部品の組み合わせを巧みに変えて個別の顧客向けに製品をカスタマイズする」という概念であり、1990年代初めに米国のジョセフ・パインが提唱した(図1)。部品を少数化することは、部品を造るための機械設備や金型、治具などの用具も少数化できるので、省資源、環境保全にも効果的である。

図2●ECMとSCMを連動させたバリューチェーン
[画像のクリックで拡大表示]

【技術者塾】(6/10開催)
トヨタ流原価企画と原価管理

設計前に「利益をつくる」ノウハウ


「利益の95%以上は原価企画で決まる」──。これがトヨタ自動車の“常識”です。原価こそ、最初につくり上げるべきもの。設計者が主導しながら、利益を生む原価をつくり上げる具体的な方法を伝授します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月10日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ