半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
【SCR大喜利まとめ】今、改めて問い直す450mmウエハーの意義

【SCR大喜利まとめ】今、改めて問い直す450mmウエハーの意義

伊藤 元昭=日経BP半導体リサーチ
2014/05/14 00:00
印刷用ページ

 450mmウエハー・ラインに向けた装置・材料技術の存在意義がグラついている。半導体デバイスの製造において、ウエハーの大口径化は、生産性を向上させるうえでの正常進化とも言える技術開発項目だ。だが450mmウエハー対応技術は、開発の当初からその意義を疑う声があった。装置の開発の難しさと、実現までに費やす莫大な開発費、そして対応ラインを構築する半導体メーカーの数が限定されることから、装置メーカーが、開発費を回収できないリスクが指摘されていたのだ。

 それでも、米Intel社、韓国Samsung Electronics社、台湾TSMCなど、半導体メジャーと呼ばれる企業の要望に応えるかたちで、対応技術の開発が進められてきた。ところが近年、事情が大きく変わってきた。半導体メジャーといえども、450mmウエハー対応ラインの構築に大きなリスクが伴うようになった。

 今回のSCR大喜利では、「今、改めて問い直す450mmウエハーの存在意義」をテーマに、中立な立場から半導体業界の動向をウォッチしているアナリスト、コンサルタントの5人に三つの質問を投げかけた。アナリストやコンサルタントにとっては、専門分野のド真ん中のテーマということもあり、熱の入った回答が寄せられた。各回答者には以下の三つの質問を投げかけた。

【質問1】現在の半導体業界の状況を鑑みて、450mmウエハー・ラインの開発を進める意義を感じますか?

【質問2】450mmウエハー・ラインの開発を継続するための必要条件は何だと考えますか?

【質問3】困難な状況での開発の継続、または現時点での開発の中止、凍結で、製造装置メーカーには、どのような影響が及ぶと思われますか?

 回答者は以下の通り。

和田木哲哉氏
野村證券 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部 エレクトロニクス・チーム マネージング・ディレクター
「現状を論理的に検討、450mmウエハーの必要性は全く感じない」参照

三ツ谷翔太氏
アーサー・D・リトル(ジャパン) マネジャー
「装置メーカーは無批判でのロードマップ追随はやめ、情報収集と技術提案を強化すべき」参照

服部毅氏
服部コンサルティング インターナショナル 代表
「450mmの意義はある、チャンスは日ごろから準備していた者にしかめぐってこない」参照

南川 明氏
IHSグローバル Technology 日本オフィス代表 主席アナリスト
「450mm対応装置の市場規模は300mm対応の1/4、参入企業は限られる」参照

石野雅彦氏
アドバンスト・リサーチ・ジャパン マネージング・ディレクター シニア・アナリスト
「450mm化よりもファウンドリービジネス対応の装置・材料技術が求められる」参照

表1●回答のまとめ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング