• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマエディターズ・ノート > 自動運転はデータの蓄積が勝負

エディターズ・ノート

自動運転はデータの蓄積が勝負

  • 鶴原 吉郎=日経Automotive Technology
  • 2013/10/15 20:46
  • 1/1ページ

 10月15日から、ITS世界会議が開幕しました。2004年の名古屋以来、9年ぶりに日本で開催される同会議ですが、今回の話題は何と言っても自動運転技術でしょう。同会議の開催に先立って、トヨタ自動車は首都高速道路で、同一車線上を自動運転できる機能を備えた実験車両を走らせる試験走行を報道関係者に公開(関連記事)し、業界を驚かせました。

 また同会議では、ホンダも自動走行の実験車両を初めて公開、スマートフォンの無線LANを使って歩行者や小型電動車両と通信して衝突を避けるなど、独自の工夫を盛り込んでいます。

 手前ミソですが、日経Automotive Technologyは、2013年1月末に発行した「2013年3月号」で国内の技術雑誌としては初めて詳しく自動運転技術を取り上げました。その記事では、自動運転の技術に関して、欧米が先行し、日本メーカーがそれを追いかけるという構図でしたが、今回のITS世界会議で各社が公開した内容を見ると、かなり欧米の動きに追い付いてきているという感じがします。

 各社はまず、高速道路を中心に自動運転技術を実用化し、その後徐々に幹線道路へ、さらには一般道路へと広げていくロードマップを描いています。しかし、歩行者や自転車などとの混合交通となり、道幅も狭い一般道路への適用にはかなり技術的な困難が予想されます。人の途切れない横断歩道を通るとき、あるいは、途切れない車列に割り込まなければならないときに、人間なら手をふったり、アイコンタクトで感謝の気持ちを示したりといったことができますが、自動運転のクルマではどうするか。まだその答えは完成車メーカーも見出していません。

 このほかにも、一般道路でどんなことが起こるのかを分析し、その対処法を考えるためには、試験車両を一般道路で長い距離走らせ、データを蓄積する必要があります。この、実際の道路上でのデータをどれくらい蓄積できるかが、開発競争を大きく左右しそうです。国内ではまだ、ステアリングから完全に手を離しての実験走行は許されていませんが、海外ではすでにそうした試験走行が始まっています。技術だけでなく、こうした制度面での対応をいかに早くするか、国家間でも競争が始まっているといえそうです。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ