日経ものづくり

第11回:部品表改革のねらいと前提条件(中)

三河 進=NECコンサルティング事業部
2013/06/21 00:00
印刷用ページ
 

グローバル部品表改革のコンセプト

 前回は部品表改革が必要とされている背景について、特にグローバル化との関連を中心に考察した。これを受けて、今回はグローバルで統合化した部品表への改革について考えていきたい。なお、ここでは、グローバルで統合化した部品表へ変革することを「グローバル部品表改革」と呼ぶことにする。では、まず「グローバル部品表改革」のコンセプトの一例を紹介しよう。

事業部別の個別最適化された部品表と関連システム

 図1の上部は、部品表システムと関連アプリケーションが、事業部別に個別最適に構築された状況を示したもので、一般的な製造業の姿である。この場合、事業部別にシステムが構築されているので、事業部間の情報連携は行いにくい。個別の事業の中で業務が完結している場合は最高のパフォーマンスを発揮する。従来の右肩上がりの時代においては、効果的なやり方だったと言えるだろう。

 しかし、最近は市場環境そのものが急速に変化する。そのため、絶え間なく変わる市場環境に合わせて、組織や開発プロセス、それを支援する情報システムも柔軟に変化・対応させていかなければならない。裏返せば、事業部別に最適化された従来の開発プロセスや情報システムは、現代の経済環境においては変革の足かせになってしまうこともあるのだ。

図●グローバル部品表改革のコンセプト
(上:改革前 下:改革後)
[画像のクリックで拡大表示]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

「日経ものづくりNEWS」は、月~金曜日配信の無料メールサービスです

技術者塾

最新号

2015年9月号

  • 特集1
    インダストリー4.0は怖くない(09月02日公開予定)
  • 特集2
    メイカーズ旋風、日本へ(09月02日公開予定)
  • 事故は語る
    またも輪重のアンバランスで列車が脱線、過去の事故が新たな事故の発端に(09月02日公開予定)
【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、
「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

購読のご案内

毎月1日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 16,800円
  • 3年(36冊) 33,600円
  • 一部売価格(税込み) 1,800円