設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第10回:部品表改革のねらいと前提条件(上)

三河 進=NECコンサルティング事業部
2013/06/10 00:00
印刷用ページ

いま、部品表改革が必要とされる背景

 前回はモジュラー設計がビジネスと製品に与える影響について述べたが、今回はさらに部品表改革のねらいと前提条件について考察してみたい。部品表は、エンジニアリング・チェーン(製品開発軸)、サプライ・チェーン(販売~調達~生産軸)のいずれでも利用される「ものづくりプロセスの中核情報」であり、その改革は全社的な効果と影響を生じさせる。読者の中にも、情報システム部や技術系のシステム企画を担当している方がおられるなら、一度は部品表システムの再構築企画や導入を検討した人が多いのではないだろうか。

 では最初に、いま部品表改革が必要とされている背景にあるものについて探ってみよう。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング