• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新ものづくりプロセス改革の功罪 > 第10回:部品表改革のねらいと前提条件(上)

ものづくりプロセス改革の功罪

第10回:部品表改革のねらいと前提条件(上)

  • 三河 進=NECコンサルティング事業部
  • 2013/06/10 00:00
  • 1/5ページ

いま、部品表改革が必要とされる背景

 前回はモジュラー設計がビジネスと製品に与える影響について述べたが、今回はさらに部品表改革のねらいと前提条件について考察してみたい。部品表は、エンジニアリング・チェーン(製品開発軸)、サプライ・チェーン(販売~調達~生産軸)のいずれでも利用される「ものづくりプロセスの中核情報」であり、その改革は全社的な効果と影響を生じさせる。読者の中にも、情報システム部や技術系のシステム企画を担当している方がおられるなら、一度は部品表システムの再構築企画や導入を検討した人が多いのではないだろうか。

 では最初に、いま部品表改革が必要とされている背景にあるものについて探ってみよう。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ