• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新進化する大部屋 > 第3回:大部屋が持つ3つの機能---「組織の壁を破壊」「課題を早期解決」「意思決定を迅速化」

進化する大部屋

第3回:大部屋が持つ3つの機能---「組織の壁を破壊」「課題を早期解決」「意思決定を迅速化」

  • 田中 孝史=ダッソー・システムズ シニア・ビジネス・コンサルタント
  • 2013/03/21 00:00
  • 1/5ページ

 前回は、大部屋で用いる道具を紹介しました。今回は、大部屋が備える機能を取り上げます。大部屋は、[1]組織の壁を越えた製品開発(コラボレーション)、[2]プロジェクトにおける課題の早期予測・解決(フロントローディング)、[3]意思決定の効率化と支援、という3つの機能を持っています。以下、これら3つの機能という観点から大部屋が組織やプロジェクトの目標達成にどう貢献するのかについて説明します。

[1]組織間の壁を越えた製品開発の実現(コラボレーション)

 よく「組織の壁を壊す」というようなことが簡単に言われますが、実際はかなり難しいものです。そこで大部屋の出番となります。

 大部屋は、チーム全員が参加して目標達成を目指す場です。前回紹介した道具を用いて共通の目標を設定し、コラボラティブな大日程を作り、定期的に見える化のミーティングを実施していれば、自然に組織間の壁がなくなっていく――。そんなパワーを大部屋は持っています。なぜでしょうか。

 例えば、大部屋で製品開発に取り組む場合、そこで開催されるミーティングには全ての部門およびチームのメンバーが参加します。従って、チームメンバーは常に製品のライフサイクル全体を意識しておかなければなりません。

 筆者が以前所属していた豊田エンジニアリング(本社名古屋市)では、TMS(Toyota Management System)、TDS(Toyota Development System)、TMSS(Toyota Marketing & Sales System)、Total TPS(Toyota Production System)などに基づいた製品ライフサイクルの考え方を提唱しています(図11)。製品ライフサイクルと各部門の業務がどのように関連しているかを分かりやすく示したものとして、良い例だと思います。

図1●豊田エンジニアリングが提唱している製品ライフサイクルの考え方
【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ