• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」  > 第10回・これまでのPLM(後)

  • 坂井 佐千穂=SCSK 製造エンジニアリング事業本部 営業推進部 シニアコンサルタント
  • 2012/10/09 14:00
  • 1/4ページ

現在に繋がるPLM導入最盛期の課題

 本コラム前回で挙げたPLM導入最盛期当時の課題は、そのまま現在の課題となっているものも多い。以下、これらに関してさらに具体的に解説し、留意点も挙げておく(「PLM導入最盛期」に起こった出来事や現象をまとめた表「四半世紀におけるPLMとその適用の変化(前回掲載)」はこちら)。

 PLMツールはPDMツールに対して、一般的に下記の機能が付加され進化してきた。

  • ・設計BOM(Bill of Materials)
  • ・プロジェクト管理〔最小単位はタスク、個人のWBS(Work Breakdown Structure)まで〕
  • ・ドキュメント管理(よろず、オブジェクトの版管理)
  • ・プロセス管理(主には設計変更管理だが、マイルストーンごとのデザインレビューなどを、プロセスの電子認証を含めて)
  • ・ノウハウ/ナレッジ管理(機能は今でも表面的かつ限定的なものでしかないが)

 特に気を付けなければならないのは、「自社の業態を分析した上でPLM導入を図るべきだ」という点である。中でも製品の市場サイクルが1年程度で、次々と新技術・新機能を盛り込む(決してそれが望ましいこととはいえないのだが)製品においては、留意すべき点が多い。代表的な項目は以下の通りである。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ