• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり3次元CAD利用技術者試験 1級/準1級 過去問題解説集 > 第2回 《問題》準1級モデリング

3次元CAD利用技術者試験 1級/準1級 過去問題解説集

第2回 《問題》準1級モデリング

  • 日向 由美=日本デザインエンジニアリング
  • 2012/07/10 00:00
  • 1/1ページ

次の投影図で示されるソリッドモデルを作成しなさい。また、設問1から設問4について、適切なものを解答群より1つ選びなさい。

《作図条件》下図の座標方向、座標原点(点O)に合わせてソリッドモデルを作成しなさい。

モデリング目標時間:20分
[画像のクリックで拡大表示]

設問1

設問図1で塗りつぶしおよび太線で示してある部分の表面積の値(面が複数選択できる場合にはそのすべての表面積の値の合計)を計測し、その値にもっとも近いものを解答群より1つ選び、解答記入欄に○を付けなさい。



設問2

設問図2で塗りつぶしおよび太線で示してある部分の表面積(面が複数選択できる場合にはそのすべての表面積の値の合計)を計測し、その値にもっとも近いものを解答群より1つ選び、解答記入欄に○を付けなさい。



設問3

設問図3で点Aと点B(稜線Cの中点)の距離を計測し、その値にもっとも近いものを解答群より1つ選び、解答記入欄に○を付けなさい。



設問4

完成モデルの体積値および重心の座標値を計測し、その値にもっとも近いものを解答群より1つ選び、解答記入欄に○を付けなさい。なお、重心はモデリングした座標系の原点を基準として計測すること。

解答と解説はこちら

* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ