• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
内田 泰=日経エレクトロニクス
2012/04/26 10:22
1/1ページ

 最近、新聞などのメディアでは、テレビに関して国内大手家電メーカーの事業不振の話題ばかりが取り上げられている印象があります。無理もありません。国内メーカーのテレビ事業は抜本的な改革がいよいよ「待ったナシ」の状況にあるのは事実ですし、復活への明確な戦略が見えていないのも厳しいところです。

 とは言え、テレビをこうしたネガティブな側面からのみ見ていると、本質を見逃してしまうかもしれません。2011年7月の地上デジタル放送への完全移行後、国内市場は停滞感だけが漂っていますが、米国などでは新時代の「テレビ」を創出する取り組みが活発化しており、資金も動いています。テレビは今まさに大変革の真っただ中にあるのです。

 核となるのは、もちろんインターネットです。「国内ではテレビとインターネットの融合について、既に10年以上前から取り組みが始まっているが、ビジネスとして大きく成功した例はあまりない」との指摘があるかもしれません。確かに以前は、テレビとインターネットの融合をベースに魅力的なサービスを提供しようと思っても、それを下支えする技術要件などが不足していました

 しかし、技術に関してはここ数年でかなり整ってきました。例えば、動画配信の「MPEG-DASH」やソフトウエア記述言語の「HTML5」などの標準技術です。こうした技術の実用化は、大画面テレビの変革に大きなインパクトを与えると共に、製品の位置づけ自体に「再定義」を迫ります。

 従来、映像コンテンツを再生する役割は、大画面のテレビがほぼ独占していたのですが、これからの時代はどこにいても、さまざまな端末で高品質の映像をインターネット経由で楽しめるようになります。利用者にとっては、スマートフォンだって「テレビ」の一つです。このとき、大画面のテレビはどのようなユーザー体験を提供すべきなのか、テレビと同じリビング・ルームにあるスマートフォンやタブレット端末とどう機能を分担をし、大画面ならではの価値をどう提供するのか。こうしたテーマが、製品開発の肝になるでしょう。

 既に、日韓の大手テレビ・メーカーからは、「スマートテレビ」としてさまざまなインターネット対応製品が提案されていますが、まだ大きな成功事例は出ていません。だからこそ、次世代テレビでは多くの企業にビジネス・チャンスがあるのです。インターネットとの融合によって、テレビ・メーカーの収益性が大きく改善するかどうかは分かりません。しかし、従来の売り切り型ではない、新たな収益モデルを発掘できる可能性は大いにあります。

 近い将来、大画面テレビのHTML5対応が進めば、非常に多くのアプリケーション・ソフトウエアを再生できるようになるでしょう。私見ですが、このとき、米Microsoft社のモーション入力センサ「Kinect」のような距離画像センサが搭載されたスマートテレビがあれば面白いと思います。距離画像センサを使ってユーザーの動作を認識し、それを応用したスポーツのシミュレーション・ゲームやコーチングのアプリなどは、人気が出るのではないでしょうか。

 元・米Google社副社長兼日本法人社長の村上憲郎氏はこう言います。「今、日本では若者のテレビ離れが進んでいる。しかし、テレビを面白くするアイデアはいくらでもある。若い人たちには、古いやり方をぶち壊して、テレビの世界を面白くしてほしい」。そう、今こそ次世代テレビの開発に向けて、多くの技術者に挑戦してほしいと思います。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング