技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

匠の技かスク水か

仲森 智博=編集委員
2009/07/03 15:00
印刷用ページ

 「ほぅ」と思った。「実は今,メーカーが最もほしい人材が,本当に優れた技能を持つ『匠』と呼ばれる社員」であり、これからは「班長でありながら,部長級の給料をもらう匠が生まれる時代になる」とか書いてあったものだから。

 記事によれば、ある会合でスズキの鈴木修会長がそのような発言をされたのだという。匠とは、「例えば,自動車をぶつけると車体の鋼板が凹む。これを工具でうまく叩いてきれいに直せるような技能者」とのこと。「匠として自分の腕を磨いていく道が選べる時代」「大卒のホワイトカラーよりも,匠の方がよほど重用される時代」がやってきて、「そのとき初めて,日本で人づくりとものづくりが完成すると私は思っている」との主張である。

で、やっているか

 理由はよくわからないが、私は「匠の技」というものに対して深い思い入れと敬意を抱いている。簡単にいえば、大好きなのだ。で、「経費と手間がかかりすぎではないですかぁ」などとやんわりTech-On!編集長から苦言を呈されつつも、「あ、そういう短絡的な考え方はどうかなぁ、そもそもこのコラムの趣旨はだねぇ」など屁理屈を並べ立て、『技のココロ』などという匠の技をテーマとした連載をしぶとく続けさせていただいたりもしている。

 そんな自身の好みからいえば、鈴木会長の言は、「その通り」と膝を打ちたいような内容である。影響力のある企業トップの発言ということも、何とも頼もしい。ということで、一気に記事を読み終えた。すると、あにはからんや、頭の中に微妙な違和感がむくむくと頭をもたげ始めたのである。

 何に自分は引っかかっているのだろうか。そう自省してみてまず浮かんできたのは、一つの素朴な疑問である。「そう思うのであれば、なぜやらないのだろうか」ということだ。普通の経営者なら、時代の先が読めればその先駆者たらんとし、公言するより前にさっさと行動に移してしまうはずである。

 いや、「やらない」というのは思い込みにすぎない。もう部長級の給料をもらう匠の選定を終え、さらにはホワイトカラーより匠を尊重する人事制度刷新案の検討を進めているかもしれないではないか。そうであれば、この疑念は晴れる。で、違和感も霧散したかといえば、何だかそうでもない。疑問は次から次へと浮かんでくる。たとえば、「それをやれば、本当に匠と呼ばれる人は浮かばれるのだろうか」とか。

メガトレンド2015-2024 ICT・エレクトロニクス編

クラウド、人工知能、ビッグデータ、IoT…。ICT・エレクトロニクスの新しい潮流とは?

「メガトレンド2015-2024 ICT・エレクトロニクス編」は、成熟期に近づいたエレクトロニクス分野が、バイオ、脳科学、ICT、情報サービスといった萌芽・成長分野と融合する新しい潮流を洞察します。ムーアの法則終焉と市場ニーズの多角化を分析し、大変化が起こるクラウド、IoT、人工知能、3Dプリンター、ロボット、ロジスティクス、ビッグデータなどの未来像を予測分析。10年後のICT・エレクトロニクス産業の姿を提示します。

詳細・ご購入は >>> こちら
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング