• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント戦いの軌跡:東芝のHD DVD撤退から学ぶもの > 500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2003年:軋轢】

戦いの軌跡:東芝のHD DVD撤退から学ぶもの

500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2003年:軋轢】

  • 今井 拓司=Tech-On!
  • 2008/02/20 16:50
  • 1/1ページ

 2003年2月17日。日欧韓のAV機器メーカー9社から成る「Blu-ray Disc Founders」は,「Blu-ray Disc」規格のライセンス供与を開始した。これにより,規格に準じた製品の出荷が可能になったことを受け,ソニーは世界初のBlu-ray Discレコーダを4月10日に発売。希望小売価格は45万円だった。

 この製品には光ディスク装置の重要な機能が欠けていた。コンテンツを格納した,再生専用ディスクへの対応である。CDやDVDといった既存の光ディスクの最大の利点は,再生専用ディスクによって,音楽や映像などのコンテンツを安価に配布できることだった。Blu-ray Discをはじめとする次世代DVDでも,そこに大きな市場があるとみなされていた。ただしこの時点では,再生専用のBlu-ray Discの仕様がまだ固まっていなかった。Blu-ray Discを推す各社の当面の目標が,2004年に開催されるアテネオリンピックまでにHDTV映像を2時間以上録画できるレコーダーを発売することだったからである。このため,再生専用ディスクの規格作りは,録画用ディスクの後に回された。

 ここに,規格作りで遅れをとった東芝とNECが付け入る隙があった。2003年5月に開催された光ディスク関連の国際会議「ODS 2003」で,東芝は4種類の再生専用媒体の規格を発表している。このとき東芝は,規格の名称として「HD DVD」を検討していると語った。

 ただし,東芝らが目指したDVD Forumでの標準化は,一筋縄ではいかなかった。DVD Forumの幹事会(Steering Committee)は,6月の会合9月の会合のそれぞれで,東芝とNECの次世代DVD仕様の承認を見送った。幹事会では,Blu-ray Discを推す企業群の影響力が強かったからである。両者の提案は,11月の会合でようやく一部承認された

 こうした動きを横目で見ていたのが,米国ハリウッドの映画会社である。規格分裂を危ぶんだ映画会社は,2003年秋に光ディスク・メーカー各社に要望書を提出。ハリウッドは規格の統一を望んでいることを匂わせた。

次世代DVD・戦いの軌跡 報道特設サイトに戻る

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

9月

10月

11月

12月



* Tech-On!ではこれまで,次世代DVDに関する動きを詳細に報道してきました。関連記事は500本以上にも上ります。2002年から各年ごとに分けて動きをまとめるとともに,それらの関連記事へのリンクを集めました。本記事はその2003年版です。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓