技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Blu-rayかHD DVDか米映画業界が9か条の注文, 2004年半ばが規格策定の山場に

日経エレクトロニクス2003年12月22日号から

2003/12/22 09:00
印刷用ページ

 2003年11月ころ,DVDの次世代を担う光ディスク規格を策定中の大手AV機器メーカー各社は,米国ハリウッドから1通の文書を受け取った。通称「Wish List」。HDTV画質で映画を格納できる再生専用パッケージ媒体の実現に当たり,メーカー側に満たしてほしい条項をまとめた要望書である(図1)。次世代光ディスクに対して求める特徴を,大まかながらも9か条にわたって列挙している。


図1 ハリウッドが次世代光ディスク媒体に求める9か条
米国ハリウッドの主要映画会社は,次世代光ディスクに対する要望書を9か条にまとめた。図は,その趣旨を並べたものである。既にBlu-ray Disc規格を推進する中核メンバーである「Blu-ray Disc Founders」やHD DVD規格の提案企業であるNECや東芝に配布されているもようだ。この要望書は通称「Wish List」と呼ばれている。

 AV機器メーカー各社は,こうしたWish Listを以前にも受け取ったことがある。現行DVD規格が統一される前に,ソニーとオランダRoyal Philips Electronics社が提案した「MMCD規格」と,東芝や松下電器産業などが推す「SD規格」が激しく争っていたころのことだ。そのときは6か条の Wish Listが提示され,DVD規格をつくる上での議論の礎になった。

 そうした経緯から各社は,今回の9か条を重く受け止める。ハリウッドがHDTVのパッケージ媒体を真剣に考え始めた証拠と映るからだ。「米国のある大手映画会社は,HDTV対応のテレビ受像機の米国における普及率が10%を超える2005年半ばあたりに,HDTVパッケージを投入したいと考えているようだ」(大手AV機器メーカーの幹部)。

「承認」で勢いをつけられるか

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング