米Amazon.com社が火を着け、米Google社が後を追い、米Apple社も参戦表明。“ポストスマートフォン”として大きな期待が懸けられている、音声認識技術や対話技術などの人工知能(AI)を搭載する「AIスピーカー」(スマートスピーカーとも呼ばれる)。その大波が、日本にも押し寄せている。2017年末以降、米国ITの列強に、ソニーやLINEなども交えて、生活空間での熾烈な場所取り競争が始まる。

 果たして、米国で火が付いた“AIスピーカー”ブームは本物なのか。「音声操作やAIが家庭に浸透するための先兵」、「いや、AIの活用は限定的で音楽再生など特定用途にしか使われていない」――。賛否両論、さまざまな意見があるのが現状だ。

 本特集では、製品・技術開発、デザイン、市場調査といった各方面への取材、そして実際の製品評価や分解調査などを通じて、AIスピーカーを“丸裸”にする。

識者の視点 記事一覧

市場動向 記事一覧

機能・技術 記事一覧

ニュース 記事一覧

関連用語 記事一覧