新着記事一覧

座るだけで体幹を鍛える「家電」、パナソニックが発売 [2017年03月23日]

 パナソニックは、座ってバランスを取るだけで、腹斜筋などの体幹の筋肉を鍛えることができる椅子型のトレーニング機器「コアトレチェア EU-JC70」を2017年2月25日に発売した。

7万観客の半数がWi-Fi利用、“通信の祭典”スーパーボウル [2017年03月22日]

テキサス州ヒューストンのNRGスタジアムに7万807人のファンが集結した、米プロアメリカンフットボールNFLの優勝決定戦「第51回スーパーボウル」(開催は現地2月5日)。米国最大のスポーツイベントは、...

スポーツ×IT、アート・・他産業との融合に拡大の商機あり [2017年03月21日]

2017年4月1日よりスタートする「第2期スポーツ基本計画」が目指す、「一億総スポーツ社会」が実現することでどのような効果があるのか、実現のために取り組むべきことは何か――。鈴木大地スポーツ庁長官が語...

ニッポンの健康向上 「一億総スポーツ社会」で実現へ [2017年03月17日]

2017年3月1日にスポーツ庁長官の諮問機関であるスポーツ審議会から鈴木大地長官に答申された「第2期スポーツ基本計画」。ここでは、スポーツ参画人口を拡大することによって「一億総スポーツ社会」を実現する...

脳が受ける加速度はどのくらいか [2017年03月16日]

衝撃吸収性の評価試験は、人頭模型(ヘッドフォーム)にヘルメットを装着し、規定の高さから落下させて、衝撃加速度(G)やその継続時間などを計測し、さらにライナーがどの程度の損傷を受けるかを調べます。人間の...

日本柔道、劇的復活の舞台裏 データ活用で世界に勝つ [2017年03月14日]

「日本柔道界には、非常に強い固定観念があった。まずはそれを壊し、その上で今の時代や柔道の本質を考え、何をやるべきか決める必要があった」――。日本柔道界の“非常事態”とも言えるロンドン五輪での惨敗から4...

ラグビーで鍛え製造業へ 東芝、画像・音声解析AIの挑戦 [2017年03月13日]

1チーム15人、計30人もの選手がフィールドを激しく動き回り、体をぶつけ合う。しかも、すぐに密集ができて選手の姿勢もさまざま――。画像認識の対象として難易度が高いラグビーをあえて題材にし、自社技術を鍛...

「0.1秒短縮で1億円」 古田敦也が見抜いた本質 [2017年03月10日]

「野球の指導者は、野球がうまい人でないとなれないのか。そんなことはない。目の付け所さえ分かっていれば、誰にでもなれる可能性がある」――。

スポーツ立国実現のカギ握る「スポーツ×街づくり」 [2017年03月09日]

今後数年間、日本で開催が相次ぐ世界的なスポーツ大会。ビッグイベントをビジネスチャンスにつなげ、「スポーツ立国」を実現するためには、スポーツ以外の分野からの複合的アプローチが重要になる。

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩  [2017年03月07日]

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する新しいトレーニング法を確立する――。日本電信電話(NTT)は2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プ...

日経テクノロジーオンラインSpecial