Headline

スポーツとイノベーション

今押さえておくべき、国際スポーツビジネスのトレンドとは

スポーツ庁が設置した「スポーツ未来開拓会議」に端を発し、日本におけるスポーツビジネスの熱が高まっている。この熱を確たるものにするためには、世界の事例を学び、さらに世界に通用する日本人の出現が急務となる...

日経テクノロジーオンラインSpecial

特集一覧

特集

「ライバルは他球団にあらず」 ベイスターズ躍進の戦略

2016年シーズンの年間観客動員は約194万人。DeNAが買収する直前の2011年シーズンと比較して76%増と急成長し、今や2万9000席の収容人数に対して稼働率が9割を超える人気球団に生まれ変わった...

これからのスポーツビジネスに必要な人材とは?

スポーツが産業として栄え、スポーツ界で仕事をしてサラリーを稼ぎたい人を増やすためには、経営人材の育成も重要ですが、同時に、アリーナやスタジアムというスポーツを見るための「箱」の充実も必要だと、我々は考...

連載一覧

連載

繊維強化樹脂と発泡スチロールを組み合わせる

1952(昭和27)年7月、アライヘルメットは日本初の保安帽JIS規格表示許可工場となります。同時に、ガラス繊維複合樹脂(FRP)製ヘルメット製造を日本で初めて開始したのです。帽体の材質をFRPに変え...

「Wi-Fi電波は人が集まる場所で弱くなる」は本当か

 数年前、筆者がとある競技場でフリーWi-Fiを利用していたときのことだ。観客が少ないうちはWi-Fiを快適に利用できていたが、競技開始時間が近づき観客が増えるに従って電波の入りが悪くなり、しまいには...