技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

材料で勝つ

2005/07/13 11:27
印刷用ページ
趣旨
「材料で日本製造業の競争力を強化しよう」をコンセプトにスタートしたコラム――なのだが,途中で「材料」と「競争力」を無理に結びつけるのではな く,競争力強化の視点を重視して,必然性のある場合に材料について言及するという方向に方針転換させていただいた。日本の製造業は,価格下落による収益性 の悪化や韓国・中国・台湾などとの熾烈なグローバル競争といった環境にさらされ,「シェア vs 利益」「コスト vs 品質」「標準化 vs 差異化」などの二律背反の難問に直面している。処方箋を書くのは容易ではないが,競争力向上のために何をすべきなのか考えていきたい。
内容としては,筆者が所属する「電子・機械局」で直近1~2週間で起こったことを中心に,筆者の25年間の記者生活の経験などを交えながらエッセイ風に書かせていただいている。日経エレクトロニクス,日経マイクロデバイス,日経ものづくり,日経Automotive Technologyの 最新号の記事,開催したセミナーやシンポジウムでの講演やディスカッションの内容,当社が発行した別冊・書籍,当社以外の発行でも読んで面白かった本の内 容などから筆者なりの考えや想像を膨らませて文章化している。気軽にコメントや意見を書き込んで頂き,読者の皆様と一緒にさらに議論を深めていければと考 えている。
藤堂安人(とうどう やすと)
日経BP クリーンテック研究所主任研究員
1981年、日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。1982年、日経メディカル記者。1986年1月、日経ニューマテリアル記者。1997年1月、日経メカニカル編集長。2003年1月、電子・機械局長。2004年1月、執行役員。2008年1月、日経BP社編集委員会委員長 兼 電子・機械局主任編集委員。2010年4月、 日経BPクリーンテック研究所主任研究員。

記事一覧

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング