• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

医療機器の在庫管理をRFIDで

京都桂病院など、請求漏れや誤廃棄を防止

2017/01/05 12:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 菱電商事は2017年1月5日、高度管理医療機器の在庫をRFIDで管理するシステムを発売する。京都桂病院と共同で開発したもの。

 京都桂病院 心臓血管センター 心臓カテーテル室では従来、医療機器の在庫管理を次のような手順で行っていた。(1)院内の在庫管理システムで発行するバーコードシールを製品入庫時に貼る、(2)検査・治療で使った製品のバーコードシールを院内スタッフがはがす、(3)はがしたバーコードシールを患者の医事請求用紙に貼り付け、医事請求伝票を作成する。

 これらはすべて手作業で行うため、はがし忘れによる未請求や、未使用製品の誤廃棄による未請求が発生していたという。同院にはカテーテル室が3室あるため、各部屋での製品使用状況の確認が難しく、検査・治療に必要な製品が欠品していることに気づきにくいといった課題もあった。

発売するシステムの運用フロー
クリックすると拡大した画像が開きます

 これらの課題に対応するために、今回は院内での高度管理医療機器の入出庫管理をICタグで行うシステムを開発した。同システムでは高度管理医療機器の在庫や使用状況をリアルタイムに把握でき、請求漏れや誤廃棄、盗難を防げる。棚卸時間は従来比10分の1程度に削減できると見込まれ、使用期限間近な製品を抽出し、優先使用を促すことで不良在庫も減少できるという。販売価格は600万円から。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング