• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

協和エクシオが東金市にメガソーラー、敷地内に7つの古墳

パネルはシャープ製、パワコンはTMEIC製

2016/11/17 19:07
加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ
7カ所の古墳に配慮した配置に
(出所:協和エクシオ)
クリックすると拡大した画像が開きます
竣工式の様子
(出所:協和エクシオ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 通信分野などの電気通信関連インフラを手掛ける協和エクシオは11月17日、千葉県において、出力約2.6MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「協和エクシオ東金ソーラーファーム」が完成したと発表した。

 同社グループでは最大規模のメガソーラーとなった。11月16日に竣工式を開催した。

 千葉県東金市極楽寺込前にある、敷地面積約4万3000m2の土地を借り、太陽光発電設備を設置した。

 敷地内には、7カ所に古墳が点在している。これらの古墳は、それぞれフェンスで囲んで発電設備を配置しないようにし、文化財の保護に配慮した。

 古墳のある場所を避けて9840枚の太陽光パネルを並べた。

 また、除草対策として、耐陰性に優れた多年草「ダイカンドラ」によるマットを採用した。

 年間発電量は、一般家庭の約550世帯の消費電力に相当する、約270万6000kWhを見込んでいる。

 設計・施工は、協和エクシオと、子会社のエクシオインフラ(東京都大田区)が担当した。太陽光パネルはシャープ製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 今回の東金市のメガソーラーは、協和エクシオにとって、14カ所目の太陽光発電所の稼働となる。千葉県内では、南房総市の発電所に続き、2カ所目の売電開始となった。

  • 記事ランキング