• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

ケアプロ、血液検査を3000人に無料提供

健康情報を活用したサービス・商品開発につなげる

2017/10/19 12:00
近藤 寿成=スプール
今回の実証実験のイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 2007年の創業時から駅ナカやスーパー、ショッピングセンターなどで500円で気軽に血液検査ができる「ワンコイン健診(現:セルフ健康チェック)」を手掛けてきたケアプロは、2018年4月より岩手県で3000人に血液検査を無料提供する。健康チェックを通じて蓄積された健康情報の統計データを活用し、一人ひとりのニーズに即したサービスや商品開発などにつなげる実証である。

 実証に向けて、セルスペクトや薬王堂などと連携する。具体的には、セルスペクトのクラウド型健康情報プラットフォームと、東北を中心にドラッグストアを展開する薬王堂の店舗網を活用し、そこにケアプロの健康チェックイベント運営ノウハウに加える。今回の取り組みは盛岡市ヘルスケア産業協議会とTOLIC(東北ライフサイエンス機器クラスター)の後援の下で実施される。

 将来的には、健康チェックを通じて収集された健康情報と行動情報を、実証結果を踏まえて紐付けし、個人の健康ニーズや健康状態により即したサービスや商品開発に活用する。さらに、政策提言などで広く社会に活用されることを目指す。

 ケアプロは現在、年1000回規模のセルフ健康チェックイベントを全国で実施している。累計利用者数は42万人を超えているという。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング