• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > グリーンコープ、宮崎県にメガソーラー稼働、組合員が出資

ニュース

グリーンコープ、宮崎県にメガソーラー稼働、組合員が出資

  • 金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
  • 2017/09/13 08:20
  • 1/1ページ
竣工した「深年太陽光発電所」
(出所:グリーンコープ)
[画像のクリックで拡大表示]
竣工した「深年太陽光発電所」
(出所:グリーンコープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 グリーンコープ生協みやざき(宮崎市)は、8月23日に出力1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「深年太陽光発電所」の竣工式を開催したと発表した。

 宮崎県東諸県郡国富町の約2万1500m2の休耕地に、ソーラーフロンティア製のCIS化合物系太陽光パネルを9120枚設置した。発電事業の主体は、一般社団法人グリーン・市民電力となる。グリーンコープの組合員などが毎月、積み立てる形で資本の一部を出資し、金融機関からの融資も合わせて事業資金を賄った。

 グリーンコープ共同体は九州、中国、関西にある14の生協で構成されており、グリーンコープ生協みやざきはその1つ。グリーンコープ共同体では、今回の太陽光を含め、これまでに8サイトで再生可能エネルギー発電所を稼働・計画している。

 太陽光発電所は、「深年太陽光発電所」のほか、福岡県糸島市に1.057MW、兵庫県小野市に1.26MW、山口県下関市に1MW、熊本県菊池市に1.24MW、大分県国東市に2.4MWを稼働している。このほか、熊本県小国町に小水力発電(22kW)を運営し、同町に温泉熱発電(93kW)を計画している(共同事業を含む)。

 グリーンコープでは、電力小売り事業「グリーンコープでんき」を開始しており、今後、自社の再エネ発電所からの電気を供給することも検討している。

おすすめ