• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > トンネル内壁の亀裂をディープラーニングと画像処理で検出

ニュース

トンネル内壁の亀裂をディープラーニングと画像処理で検出

電線の影を誤検出せず正解率83%を達成

  • 木崎 健太郎
  • 2017/08/28 11:48
  • 1/1ページ
鉄道総合技術研究所(信号・情報技術研究部)はコンクリートのトンネル内壁(覆工面)を対象とした、ディープラーニングによる検査手法を開発した。覆工面を撮影した画像から幅0.5mm以上のひび割れを83%以上の確率で検出できる。トンネル1km分の画像を約15分で処理可能。これまで、画像処理でひび割れを検出する技術はあったが、覆工面の汚れ具合などに応じて多くのパラメーターを調整しなければならず、経験的なノウハウが必要だった。

おすすめ

あなたにおすすめ