• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラー > 「天空の鏡」のウユニ塩湖の環境改善、太陽光発電電力で廃プラを油化

ニュース

「天空の鏡」のウユニ塩湖の環境改善、太陽光発電電力で廃プラを油化

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2016/07/25 17:01
  • 1/1ページ
「天空の鏡」として知られるウユニ塩湖
(出所:ソーラーフロンティア)
[画像のクリックで拡大表示]
ソーラーフロンティア製パネルを使った小型油化装置のデモ
(出所:ソーラーフロンティア)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽光パネルメーカーのソーラーフロンティア(東京都港区)は7月21日、南米のボリビアにあるウユニ塩湖の自然保護と観光業の両立を目指す団体「Projecto YOSI」に対して、パネル40枚を提供したと発表した。

 ウユニ塩湖は、塩湖全体の高低差が50cm以内という世界で最も平らな場所で、雨季には、雨が流れることなく大地に薄く膜を張り、空を湖面に映し出す「天空の鏡」として知られる。

 ボリビアには、年間約120万人の観光客が訪れる。しかし、増加するゴミを処理する施設がないため、住民や家畜の健康被害を引き起こしているだけでなく、塩湖で採取される特産品の塩の質が悪化している。将来的には、塩湖の絶景が見られなくなると指摘されている。

 同団体は、このウユニ塩湖周辺で深刻化している環境汚染問題に取り組んでいる。太陽光パネルは、廃プラスチックを分解して油分に再生する小型油化装置の動力として使われる。

 同団体の本間賢人代表は、観光ガイドとして7年間、南米各地を案内してきた中、ウユニ塩湖の絶景よりもゴミの多さに驚き、小型油化装置のデモンストレーションを中心とした啓発活動に取り組んでいる。現在では、ボリビアの環境省、ウユニ市、サン・アンドレス大学など、産官学4団体が協力する国レベルの取り組みに発展しているという。

おすすめ