• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

「皮膚にテープ貼って投薬」、適用拡大へ

第一三共と日東電工がタッグ

2016/05/13 08:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 注射は不要、皮膚に貼ったテープから薬剤を体内に取り込む――。患者に優しい、そんな方法で投与できる薬剤の種類がグッと広がる可能性が見えてきた。

 日東電工は2016年5月10日、薬剤の新しい経皮投与システム「PassPort System」に関するパートナーシップ契約を第一三共との間で締結したと発表した(ニュースリリース)。第一三共が保有する特定の化合物に限定して、日東電工がPassPort Systemの独占的使用権を提供。米国での臨床試験に向けて、同システムの開発と製造に本格的に取り組む。

PassPort Systemの構成
クリックすると拡大した画像が開きます
薬剤投与の様子
クリックすると拡大した画像が開きます

 PassPort Systemは、皮膚表面に痛みなく安全に微細な孔を開ける「マイクロポレーション技術」と、粘着テープに薬物を加えて皮膚に貼る技術を組み合わせたもの。ペプチドや核酸、タンパク質といった、従来皮膚からは吸収されなかった高分子のバイオ医薬品や親水性薬物を、皮膚から吸収させることを可能にする。孔の数や寸法、テープ製剤の組成を制御することで、注射のように短時間で吸収させたり、長時間にわたって放出させたりする調整が可能だ。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング