• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 「顧客の興味に応えるのがブランドの役目」━━メルセデス・ベンツ日本の上野社長

ニュース

「顧客の興味に応えるのがブランドの役目」━━メルセデス・ベンツ日本の上野社長

  • 小川 計介
  • 2017/04/19 15:00
  • 1/2ページ
小型SUV「GLA」の部分改良を発表する、メルセデス・ベンツ日本社長兼CEO(最高経営役員)の上野金太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 高級車ブランドの競争が激しくなっている。メルセデス・ベンツ日本社長兼CEO(最高経営役員)の上野金太郎氏に、高級車ブランドの考え方を聞いた。

━━メルセデス・ベンツやBMW、Audiなど欧州の高級車ブランドは、小型車や価格帯を下げたモデルの投入に注力しており、販売台数を増やしている。これは良い傾向なのか。

 販売台数が増えるのは素直に嬉しい。ブランドは顧客に興味を持ってもらえるかが大切だ。興味がないよりは、興味をもってもらいたい。そして興味がある人には、購入してもらいたい。購入してもらえるということは、ブランド価値が理解されたからではないか。

 メルセデス・ベンツの世界販売台数は、30年前は数十万台に過ぎなかったが、ようやく200万台規模に達した。日本は伸びているとはいえ6万台だ。これからも増やしていきたい。

おすすめ

あなたにおすすめ