• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業SENSING > 電荷量とスピンの偏りの同時計測技術、NTTと東工大が開発

ニュース

電荷量とスピンの偏りの同時計測技術、NTTと東工大が開発

  • 松元 則雄
  • 2017/03/15 15:22
  • 1/1ページ
日本電信電話(NTT)と東京工業大学(東工大)は、電子の集団における電荷量の時間変化と、スピンの偏りの時間変化を同時に観測できる技術を共同で開発した。

おすすめ

あなたにおすすめ