• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOMEものづくり > 椿本チエイン、最高運転速度200mm/秒のジャッキ

ニュース

椿本チエイン、最高運転速度200mm/秒のジャッキ

構造の見直しで低床化を実現

  • 松田 千穂
  • 2018/01/12 17:30
  • 1/1ページ
椿本チエインは、高速・高頻度での運転と低床化を実現したジャッキ「リニスピードジャッキ」を発売する。ねじ軸とウォームギアを組み合わせたタイプで、荷重保持力が高い。新製品の運転速度は最高で200mm/秒。同120mm/秒の従来製品よりも高速の領域で使える。IT関連の製造装置や自動車製造ラインなどでジャッキに対する高速・高頻度運転のニーズが高まっており、それに対応した。

おすすめ

あなたにおすすめ