• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 市販タブレットを街角音声翻訳マシンに

ニュース

市販タブレットを街角音声翻訳マシンに

日立製作所が雑音除去技術を開発

  • 宇野 麻由子
  • 2015/11/18 01:27
  • 1/1ページ
 日立製作所は、汎用のタブレット端末やスマートフォンを使った多言語音声翻訳サービスに向け、街頭の騒音など70dBの雑音を除去する音声処理技術を開発した。汎用のタブレット端末などを1人1台(計2~4台)使って、音声データを収集、クラウド上で雑音除去と翻訳を行い、端末ディスプレイに翻訳後のテキストを表示し、音声を流す。公共交通機関や店舗の受付や窓口での使用を想定したもので、同社がソリューションビジネスとして提供する予定。汎用のタブレット端末などにソフトウエアをダウンロードする形で実装する。2~3年後の実用化に向けて、今後、“ゆっくり話すモード”などユーザビリティの向上を進めるとする。

おすすめ