• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 有害物質レスで鮮やかな赤色。使った金属とは?

日経ものづくり 2017年5月号

ものづくりQUIZ

有害物質レスで鮮やかな赤色。使った金属とは?

  • 松田千穂、中山 力
  • 2017/04/28 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経ものづくり、2017年5月号、pp.17-19(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ノリタケカンパニーリミテドが2017年6月に発売する食器シリーズ「ROSA ROSSA」。イタリア語で「赤いバラ」を表すその名の通り、鮮やかな赤色を特徴とする。従来、このように鮮やかな赤色を発色させるには、人体に有害なセレン(Se)やカドミウム(Cd)が必要だった。新シリーズではSeとCdのいずれも使わずに鮮やかな赤色を実現するため、ある金属を採用している。その金属とは何か。

* SeやCdを使用しても、ガラスでコーティングされるために食器の使用中に有害物質が溶出することはない。しかし、同社では製造工程での安全性などにも考慮してSeやCdを使ってこなかった。

[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ