• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 絆創膏のように貼って使える、“フレキシブル体温計”が登場

日経エレクトロニクス 2016年1月号

Emerging Tech

絆創膏のように貼って使える、“フレキシブル体温計”が登場

日経デジタルヘルス、11月のPVランキングから

  • 大下 淳一
  • 2015/12/18 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2016年1月号、pp.142-143(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 くにゃくにゃと曲がり、絆創膏のように皮膚に貼って使える──。印刷プロセスで作るそんな“フレキシブル体温計”を、東京大学大学院 工学系研究科 特任助教の横田知之氏と同教授の染谷隆夫氏らのグループが開発した(図1(a))。

図1 印刷プロセスで作製
ポリマーPTCと呼ぶ材料を使い、フィルム基板上に印刷プロセスで作製する。厚さは約15μmと薄く、しなやかに曲がる。(写真(b):東京大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 薄くしなやかなプラスチック製の温度センサーを印刷プロセスで作製し、生体組織に貼り付けて表面の温度分布を測ることに成功。赤ちゃんの体温をモニタリングするといった、ヘルスケアや医療、福祉分野などへの応用を想定している。

 日経デジタルヘルスの2015年11月のページビュー(PV)ランキングでは、この開発成果に関する記事が第2位に入った(表1)。

表1 日経デジタルヘルスに掲載した記事の2015年11月のPVランキングトップ10
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ