• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 光ディスクからプロジェクターへ、半導体レーザーが再加速

日経エレクトロニクス 2017年8月号

Emerging Tech

光ディスクからプロジェクターへ、半導体レーザーが再加速

  • 根津 禎
  • 2017/07/19 00:00
  • 1/7ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年8月号、pp.57-62(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

光源に半導体レーザーを利用した「レーザープロジェクター」の新製品が相次いでいる。これまでは一部の高輝度な業務用製品に限られていたが、オフィスや家庭で利用する普及帯の製品にも広がりつつある。それに伴い、レーザー光源の性能向上が加速している。

 民生分野では、光ディスクにデータを読み書きするための光源として活用されている半導体レーザー。だが、光ディスク装置を搭載する家電やパソコンが減少傾向にある中で、半導体レーザーの性能向上は停滞気味だった。

 この状況が大きく変わり始めた。きっかけは、レーザープロジェクターが増え始めたことである(図1)。2014年ごろから、明るさ(光束)が1万lmを超えるような高出力の業務用プロジェクターの一部にレーザー光源の採用が始まった。2016年に入ると、数千lm級と普及価格帯のプロジェクターでもレーザー光源を採用する機種が急増。今後はさらに増える見込みである。そのため、デバイスメーカーが開発に力を入れ始め、光出力の向上や高効率化といった性能向上が再び始まっている。

図1 普及帯のプロジェクターにもレーザー光源
プロジェクターでレーザー光源の利用が進んでいる。これまでは、明るさ(光束)1万lmを超えるような高出力の業務用プロジェクターだけだったが、現在は数千lm級と普及帯のプロジェクター(データプロジェクターやホームシアター用プロジェクター)でもレーザー光源を採用する製品が増えた。加えて、レーザー光源を利用した、新しいタイプの製品も登場している。(写真:右下のXperia Touchを除いて各社)
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ