• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 米GEのタービン検査修理ロボット、内部を自走しその場で修理

日経エレクトロニクス 2017年7月号

Emerging Tech

米GEのタービン検査修理ロボット、内部を自走しその場で修理

日経Roboticsから今月の1本

  • 中田 敦=シリコンバレー支局
  • 2017/06/19 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年7月号、pp.88-89(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 米General Electric(GE)社は発電所で使うタービンや航空機用のジェットエンジンなどのタービン内部の非破壊検査を実施し、問題があればその場で修理できる超小型ロボットを開発している。開発プロジェクト名は「In-situ Robotics project」。In-situはラテン語で「現場」という意味だ。2019年までに実用化する。

 ニューヨーク州ニスカユナにあるGE社Global Research Centerでプロジェクトを指揮するSenior Principal ScientistのDon Lipkin氏と、ソフトウエア開発を担当するKori MacDonald氏(図1)への取材を基に、同プロジェクトを解説しよう。

図1 Don Lipkin氏(左)とKori MacDonald氏(右)
Don Lipkin氏は「In-situ Robotics project」の開発リーダーを務めるSenior Principal Scientist。Kori MacDonald氏はソフトウエア開発などを担当する。
[画像のクリックで拡大表示]

 In-situ Robotics projectでは、発電所用タービン向けの小型ロボットを2種類、航空機用ジェットエンジン向けの小型ロボットを2種類開発する。取材では発電所向けロボットのプロトタイプのデモを見られた。

 発電所用タービン向けの小型ロボットには、タービンブレード(翼)用に開発しているもの(図2)と、タービンローター(回転部)用に開発しているものがある。タービンブレード用のプロトタイプはマッチ箱サイズで、制御基板やデジタルカメラなどを搭載したセンサー基板、補修液を散布するスプレー基板、小型モータ、Liイオン2次電池などで構成。本体下部の磁石によってタービンブレードに張り付き、モータで駆動するゴムベルトによって移動する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図2 米General Electric社の「In-situ Robotics project」
マッチ箱サイズの小型ロボットで、デジタルカメラや自走用モーターを搭載。本体下部には磁石を取り付けており、鉄板に吸い付いて移動する。
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ