• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > Amazonは深層学習で「MXNet」を採用、クラウド大手がAIフレームワークで火花

日経エレクトロニクス 2017年3月号

Emerging Tech

Amazonは深層学習で「MXNet」を採用、クラウド大手がAIフレームワークで火花

日経Roboticsから今月の1本

  • 中田 敦=シリコンバレー支局
  • 2017/02/17 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年3月号、pp.86-87(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 米Amazon Web Services(AWS)社、米Google社、米Microsoft社の大手クラウド事業者3社が、それぞれ異なるディープラーニング(深層学習)フレームワークをユーザーに推奨する構図が明白になった(表1)。

表1 Google、Microsoft、Amazon Web Servicesが推す深層学習フレームワーク
[画像のクリックで拡大表示]

 AWS社は2016年11月、米CarnegieMellon University(CMU)などの研究者が開発するオープンソースソフトウエア(OSS)の深層学習フレームワーク「MXNet」を「AmazonWeb Services」の「推奨フレームワーク」にすると発表した。秋にはMXNetの主要開発者だったCMUの博士課程学生のMu Li氏と、Li氏の指導教官でMXNetの開発アドバイザーのAlex Smola教授が共にAWS社に移籍。同社がMXNetの開発に積極的に関与する姿勢を示した。

 競合ではGoogle社が2015年9月に「TensorFlow」、Microsoft社も2016年1月に「Microsoft Cognitive Toolkit(CNTK)」をOSSとして公開。前者はTensorFlowの商用クラウドサービス「Cloud Machine Learning」を2016年9月に始めている。

 AWS社はなぜMXNetを選んだのか。同社でAI(人工知能)担当General Managerを務めるSwami Sivasubramanian氏(図1)に聞いた。

図1 Swami Sivasubramanian氏
米Amazon Web Services社、AI担当General Manager。
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ

あなたにおすすめ