• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > インフラ筆頭に4本柱で成長、東芝がメモリー売却後の再建策

日経エレクトロニクス 2017年5月号

Hot News

インフラ筆頭に4本柱で成長、東芝がメモリー売却後の再建策

半導体では車載に活路、プロセッサーやパワーICに注力

  • 内山 育海
  • 2017/04/19 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年5月号、pp.20-21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

新生・東芝の姿を説明する社長の綱川氏
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、2017年4月、主力のNANDフラッシュメモリー事業を「東芝メモリ」として分社化、社会インフラなど4事業で安定成長を目指す新生・東芝としてスタートした(図1)。同メモリー事業を含めて5兆5200億円あった売上高は、2017年度に3兆8500億円に縮小するが、2019年度に4兆2000億円へと成長させる計画だ。営業利益の目標は2017年度に700億円、2019年度に2100億円。2019年度には、売上高のうち1兆9650億円、営業利益のうち880億円を社会インフラ事業で稼ぐ。

図1 4領域で安定的に成長
東芝は、2017年度以降の経営方針として、社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、ICTソリューションの4事業領域で安定的に成長していくことを示した。(図:東芝の3月14日付発表資料を基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

社会インフラを中核に

 「単体で(売上高が)1兆円級の大規模事業はなくなるが、それぞれの事業を数千億円レベルの売上高で確実にやり遂げていく」(東芝 代表執行役社長の綱川智氏)。

 同社が今後の主力と位置付ける4事業領域は、社会インフラに加えて「電子デバイス」「エネルギー」「ICTソリューション」だ。

 このうち社会インフラ領域は、水処理システムや物流システムなどの公共インフラ、昇降機や鉄道システムなどである(表1)。公共インフラの更新事業などで安定収益を得ながら、Liイオン2次電池「SCiB」や昇降機、物流システムなどの成長領域に積極投資して事業拡大を狙う。

表1 事業別の中期経営計画
(表:東芝の資料を基に本誌が作成)
[画像のクリックで拡大表示]
デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ

あなたにおすすめ