• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > データはどうやれば分析できるのか

日経ものづくり 2018年1月号

特集2シリーズ IoTの現実:第1回

データはどうやれば分析できるのか

  • 木崎 健太郎
  • 2018/01/05 00:00
  • 1/8ページ

出典:日経ものづくり、2018年1月号、pp.61-67(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

工場のIoT化をある程度進めて、それなりにデータ活用を始めている工場でよく聞くのが「蓄積したデータ分析が次の課題」という言葉。具体的にデータをどのように分析すれば新たな知見を得られるかは単純な話ではない。IoTの実証実験で新たな知見を得られた例などを通して、データ分析のヒントを探る。

イラスト/背景写真:ゲッティ イメージズ
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ

あなたにおすすめ