• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 現代版“魔法のランプ”、開発競争が一気に加熱

日経エレクトロニクス 2016年8月号

音声対話が世界を揺るがす第1部:動向編

現代版“魔法のランプ”、開発競争が一気に加熱

  • 野澤 哲生
  • 2016/07/19 00:00
  • 1/9ページ

出典:日経エレクトロニクス、2016年8月号、pp.26-32(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

この記事は日経エレクトロニクス購読者または、日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、
2017年06月14日までは特別に誰でも閲覧できるようにしています。

認識率が高まり、スマートフォンなどでタッチパネル代替のユーザーインターフェースとして使われている音声認識技術が、いよいよ新しいフェーズに入った。声で各種サービスを呼び出し、そのサービスが“人”であるかのように会話しながら手続きを進める製品が急激に売れ始めたのだ。それに追随する製品も雨後の筍のように爆発的に増えてきた。

 変化が激しいユーザーインターフェース(UI)の世界で、ひときわ大きな変革が始まった。“会話”が新しいUIとして脚光を浴び始めたのだ。そして会話の内容や相手は、当初の雑談から、さまざまなビジネスへと大きく広がりつつある。機器を操作するだけのキーボードやタッチパネルの代替を超えて、人や各種サービスを動かすツールとして会話が使われ始めている。

おすすめ