• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 市街地の自動運転でLiDARは必須

日経Automotive 2016年5月号

自動運転センサー 主役はレーザーへPart1 センサーは全部載せる

市街地の自動運転でLiDARは必須

  • 鶴原吉郎=オートインサイト
  • 2016/04/12 00:00
  • 1/6ページ

出典:日経Automotive、2016年5月号、pp.42-45(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

最も早いメーカーで2018年ごろの実用化が見込まれる高速道路・複数レーンでの自動運転は、カメラ+ミリ波レーダーという現行の延長線上の技術で達成できそうだ。ただし、その先にある市街地での自動運転を見据えると、レーザーレーダーの搭載は必須になる。カメラやミリ波レーダーの数も劇的に増えそうで、飛躍的なコスト削減が急務だ。

 「使えるLiDAR(Light Detection and Ranging)はないかと、完成車メーカーが血眼になっている――」(業界関係者)。自動運転車の実用化が近づき、これを実現するための車載センサーの開発が活発化している。特に、LiDARと呼ばれるレーザーレーダーの開発に、多くの企業が新たに参入している(表)。自動運転の実用化に必須のセンサーと言われながら、現行の製品は高コストでサイズも大きく、市販車に積めるような代物ではないからだ。メガサプライヤーから異業種の企業まで、成長市場に食い込もうとしのぎを削っている。

表 各社の車載センサーのロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真提供:トヨタ自動車(上)、日産自動車(下)〕

おすすめ