• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 超低速〜低速域に潜在市場、かばんに入る“クルマ”も続々

日経エレクトロニクス 2017年3月号

家電がクルマになる第1部:全体動向

超低速〜低速域に潜在市場、かばんに入る“クルマ”も続々

  • 野澤 哲生
  • 2017/02/17 00:00
  • 1/8ページ

出典:日経エレクトロニクス、2017年3月号、pp.42-46(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

超小型EVの開発ラッシュの背景には、クルマの家電化に伴う参入障壁の低下がある。白物家電やスマートフォンの技術に、ロボット技術、人工知能を含む自動運転の技術を融合したものだからだ。そう遠くない将来、スーツケースや椅子、買い物カゴすらも自動運転技術で走り出す、いわば「MoT(Mobility of Things)」時代がやって来そうだ。

 人やモノの移動を低速/超低速で実現する1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)は、今注目を浴びている自動運転EV技術の適用先として大化けする可能性がある。これまで市場はないに等しい状態だったが、巨大市場に育っても不思議ではない。実際、その果実を手にすることを目指し、さまざまなメーカーが多様な製品を生み出し始めた。

デジタル別冊『最新モビリティー要素技術』プレゼント!
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


自動運転車、パーソナルモビリティー、超小型EV、自動搬送車(AGV)、ドローン…。これらのモビリティー機器を形作る各種の要素技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。いずれの分野でも、各社がしのぎを削って開発を進める先端技術が目白押し。「知覚・システム編」と「駆動・電源編」の2分冊でお読みいただけます。詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ