• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME有料会員向けトップ > センシングは初めの一歩、情報を得るために手を尽くす

日経ものづくり 2017年8月号

製造業革新を加速するデジタルツインPart2 収集編

センシングは初めの一歩、情報を得るために手を尽くす

  • 中山 力、木崎 健太郎、吉田 勝
  • 2017/07/31 00:01
  • 1/5ページ

出典:日経ものづくり、2017年8月号、pp.40-43(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 デジタルツインを実現するには、取りも直さず現実世界の情報を入手することが必要だ。センサーを取り付けただけでは何も起こらないが、センサーなくしてデジタルツインを生かすことはできない。

 目的とする効果を得るためのデジタルツインを想定すれば、得るべき情報が決まってくる。逆に言えば、得られた情報によって、デジタルツインで分析・予測できる結果が左右されるわけだ。その点で、デジタルツインを使う側としては現実世界の情報を得る技術の進化をよく知っておく必要がある。一方、要素技術を開発するメーカー側にとっては、デジタルツインがビジネスチャンスとなるはずだ。

おすすめ

あなたにおすすめ