• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

超高齢社会向けサービスのビジコン、スタートアップ6社が競演(page 4)

「AGING2.0 TOYKO GLOBAL STARTUP SEARCH」

2017/05/08 12:00
小口 正貴=スプール

デジタリーフ

 3番目に登壇したデジタリーフが提案したのは、医療介護向けコミュニケーション支援システム「RICANUS(リカナス)」。重度の寝たきり高齢者が自分の視線を使ってコミュニケーションを図る装置で、代表取締役社長の寺島健一氏によれば「iPadを活用した新しい意志伝達装置」となる。

デジタリーフ 代表取締役社長 寺島健一氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 これまでも寝たきりの患者やALS(筋萎縮性側索硬化症)患者向けに、視線による意思伝達装置は存在するが、「既存の製品は大きなモニター、センサー類が必要。高価で保守も大変。非常に限られたリハビリ施設や病院でしか導入できない」(寺島氏)のが現状だという。そこでRICANUSではiPadにアプリをインストールするだけで利用可能にした。画面上に表示されるメッセージや文字を目で追って選択し、登録済みのメールアドレスに意志を伝える。

 月額2万2000円でリースするビジネスモデルを考えており、「フルで2年間使っても既存の製品の半額以下」(寺島氏)とコスト面の優位性もアピール。いずれはライブラリ化してさまざまなサービスに組み込むことで「本サービスだけに限らない、多様なものづくり企業との連携」(寺島氏)が可能になるとした。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング