• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

「乳がん検査を痛みなく」、島津製作所が専用PET

第2世代品を発売、従来機の弱点補う

2017/09/06 07:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 マンモグラフィー(乳房X線撮影)のような痛みはなく、全身PETよりも高精度に乳がんを検査できる――。島津製作所は2017年9月4日、そんな特徴をうたう乳房専用PET装置「Elmammo Avant Class(エルマンモ アヴァン クラス)」を発売した(プレスリリース)。乳がん検査向けに、2014年9月に同様のコンセプトで発売した「Elmammo」の後継機である(関連記事)。

寝台にうつぶせになって検査する
クリックすると拡大した画像が開きます

 Elmammo Avant Classでは、乳がん検査を受ける被検者は装置の寝台にうつぶせになり、直径20cmほどの検出器ホールに乳房を入れるだけでよい。マンモグラフィー検査のような乳房の圧迫による痛みは伴わず、全身PETに比べると約2倍の解像度で検査できるという。片胸5~7分、ポジショニングを含めて15分前後で両胸の検査が完了する。

 従来機Elmammoからの改良点は大きく4つある。第1に、検出器ホールの深くに乳房が入るようにすることで、胸壁に近い部分が撮像視野から外れるのを防いだ。検出器ホール周囲のクッションを薄くするなどし、寝台上面と検出器間の距離を18mm短縮することで実現した。

 第2に、被検者が首への負担が少ない姿勢で検査を受けられるように、顔を載せる部分のくぼみを深くした。第3に、従来は156mmだった撮像視野を103mmに縮小し、その分のリング状検出器のコストを削減した。過去の症例を精査することで、日本人女性の乳房ではその98%が103mmの視野に収まることが分かったという。第4に、撮像データの収集用コンソールと処理用コンソールを1台に統合した。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング