• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

製薬業界の未来、ヘルスケアベンチャーと描く

MSDとグロービスが「ヘルステックプログラム」

2016/02/19 04:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 製薬企業とベンチャーキャピタルがタッグを組み、ICT(情報通信技術)を生かしたヘルスケアビジネスの“土壌”をつくる――。そんな動きが日本で始まる。

 米製薬大手Merck & Co.日本法人のMSDは2016年2月、ベンチャーキャピタルのグロービス・キャピタル・パートナーズと共同で「ヘルステックプログラム」を始動させる。ヘルスケア分野でICTを活用したサービスやソリューションを開発するベンチャー企業に対し、事業化に必要な知見やノウハウ、ネットワークなどを無償で提供する取り組みだ。

 MSDはヘルスケア業界の課題や専門知識、各種法規制に関する知見やノウハウを提供。グロービス・キャピタル・パートナーズは、経営や資金調達に関するノウハウやネットワークを提供する。

 ベンチャー企業の育成や支援に関する取り組みは、米国の医療・製薬業界では盛んだ。一方、日本では、製薬企業がこうしたオープンな形でヘルスケアベンチャーを支援する取り組みは異例といえる。

MSD 経営戦略部門 ビジネス・イノベーション・グループ ディレクターの樋渡勝彦氏(向かって右)とグロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイトの福島智史氏(同左)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ヘルステックプログラムの狙いや具体的な取り組みについて、MSD 経営戦略部門 ビジネス・イノベーション・グループ ディレクターの樋渡勝彦氏と、グロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイトの福島智史氏に聞いた。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング