• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー・トラブルシューティング > 阿蘇山の噴火で太陽光パネル1636枚が破損、交換に1億円負担

メガソーラー・トラブルシューティング

阿蘇山の噴火で太陽光パネル1636枚が破損、交換に1億円負担

噴石落下でカバーガラスが割れ、発電量が急低下

  • 金子憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2017/01/18 00:00
  • 1/7ページ

 熊本県では2016年4月に熊本地震が発生し、熊本や阿蘇地方、大分県西部などに大きな被害をもたらした。加えて、阿蘇地方では、半年後の10月に阿蘇山の中岳が爆発的な噴火を起こし、大量の灰や噴石が飛散した。熊本地震では、震源に近いメガソーラー(大規模太陽光発電所)でも致命的な被害はなかった。一方、中岳の噴火では、メガソーラーに噴石が飛来し、大量のカバーガラスが割れた。

36年ぶりの爆発的な噴火

 2016年10月8日の未明、熊本県の阿蘇山で36年ぶりに爆発的な噴火が起こり、火山灰や噴石が広範囲に降った。噴石と降灰などによる被害額に関し、阿蘇市は、観光と農畜産業で約1億8000万円と見積もった。だが、被災はそれだけではない。

 実は、大量の降灰に見舞われた阿蘇市一の宮町には、地元企業の建設した約2MWの営農型メガソーラーが立地していた。その発電所にも噴石が達し、太陽光パネル1636枚が破損、約1億円もの損害を与えた(図1)。

図1●噴石の落下で約2割のパネルが割れたメガソーラー
(出所:三協畜産)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ